千葉

千葉県の地名と姓について

千葉県の地名の由来は、茅(ちがや)が繁茂する土地から「茅生(ちぶ)」と呼ばれてそれが転じて「ちば」となった説や葉が多く重なる意味から「千葉」なった説、土地が浸食されやすい所などに見られる地名「ちば」が説など諸説ありますが正確なことは解っていないのが現状です。また、この地の当主であった氏が由来する説もありますが、既に「和名抄」に下総国千葉郡千葉郷とあり同地域に移り住んで地名を家名として名乗っていることから人名から地名になった説は有力ではないようです。氏のルーツは、桓武天皇の子孫で平の姓を賜った家系からで平氏(桓武平氏)良文流の大族でありました。祖である高望王が上総介となり千葉地方に赴任してからその6人の子ども達により関東から九州・四国さらに東北に分流ができ広まりました。現在では東北の岩手県や宮城県に多く見られる姓であるようです。この姓からは、相馬氏、武石氏、須賀氏、国分氏、東氏など多数の姓が派生しています。


風俗千葉デリヘルスタイル

千葉風俗デリヘル情報!船橋・松戸・柏・成田など、千葉県全域の優良店を厳選紹介!
www.fuzoku-chiba49.com/